Print This PageDouble Lines

最近表示した項目::

ハワイ火山国立公園 ハワイ火山国立公園
Double Lines

もっと調べる:

Double Lines
ハワイ火山国立公園、ハワイ島
ハワイ火山国立公園、ハワイ島 border

ハワイ火山国立公園

ハワイ火山国立公園

  • NAME: ハワイ火山国立公園
     
  • WHAT: 世界一活発な活火山のある広大な公園
     
  • WHERE: ヒロから南に45分
     
  • MORE INFO: (808)985-6000、www.nps.gov/havo

ハワイ火山国立公園では、成長し続ける島の変化を体感できます。ヒロ南西48kmにあるこの場所には、地球上で最も活発な火山、キラウエア火山があります。大地の形成と破壊の原始的プロセスを目撃できるハワイ先住民の聖地キラウエア火山は、ハワイで1番人気の観光スポットです。

この公園は1916年に国立公園に制定され、総面積はマウナロア山頂から海までの1,335㎢に及びます。公園内には火山の噴火口周辺を通る241kmのハイキングコース、焼け焦げた砂漠と熱帯雨林、博物館、ペトログリフ、歩いて入れる溶岩洞があります。マウナロアが最後に噴火したのは1984年ですが、キラウエアは1983年1月3日以来ずっと噴火を続けています。 この公園の驚異的な自然の多様性は、ユネスコにより1980年に世界生物圏保護区に指定され、1987年には世界遺産地域に登録されました。

キラウエアは「世界唯一のドライブイン火山」と呼ばれることがあります。この活発な火山は一日あたり19万~49万㎥の溶岩を噴出。これは2車線道路32km分を毎日舗装し直せる量に匹敵します。1994年1月現在、ビッグ・アイランド(ハワイ島)には噴火により新しく198万㎡の土地が増えています。噴火はこの先どのような状況になるかわからず、100年続く可能性も、明日止まる可能性もあります。ここに住む火山の女神ペレはとても気まぐれです。キラウエアから溶岩が海まで流れ出る様子(カラパナの最新情報はここをクリック)を見学する以外にも、公園にはまだまだ見逃せないスポットがたくさんあるので、こちらをご覧ください。

キラウエア・ビジターセンター
開園時間:毎日午前7時45分~午後5時
まず最初にキラウエア・ビジターセンターに行くと公園内を効率的に回れるので便利です。午前9時から午後4時まで、公園の案内映像を1時間ごとに上映しています。レンジャーの話を聞ける機会もあり、ハイキング・コースの地図や噴火の最新情報も入手できます。レンジャーがガイドするアクティビティも予約できます。

クレーター・リム・ドライブ
クレーター・リム・ドライブはキラウエア・カルデラを一周する約17kmの環状道路です。キラウエア展望台、ジャガー・ミュージアム、ハレマウマウ火口、デバステーション・トレイル、キラウエア・イキ火口展望台、サーストン溶岩洞といった公園のメインスポットに行くには、このループを通ります。

トーマス A. ジャガー・ミュージアム
開園時間:毎日午前8時30分~午後6時
トーマス A. ジャガーは、キラウエアの火山研究の第一人者です。ミュージアム内には、地質・地層の説明、地図、火山研究に関連したビデオなどが展示されています。

ハレマウマウ火口
火山の女神ペレが住むところとして知られる巨大な火口。1967年、この火口は溶岩でいっぱいに満たされましたが、その後徐々に流れてなくなりました。聖地なので、尊敬の気持ちを忘れずに。

サーストン溶岩洞(ナーフク)
500年前にできた溶岩のトンネルです。溶岩が冷えた壁から流れ出て空気に触れた表面が残り、溶岩の流路に巨大な空洞ができたものです。トンネルの出口は熱帯雨林へと続いています。

プウ・オオ・ベント
現在、キラウエアの溶岩流はカルデラ(火山の山頂で最もくぼんでいる部分)ではなく、イースト・リフト・ゾーンのプウ・オオ・ベントに集中しています。プウ・オオの溶岩が地下チューブへと流れて海へ放たれる様子は感動的です。このスペクタクルは、チェーン・オブ・クレーターズ・ロードの終点から見ることができます。もっと近くで見るには、公園外に新しくできたカラパナ見学エリアがおすすめです。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード
レンジャー・ステーション:毎日午前10時~午後9時
クレーター・リム・ドライブの南方向にチェーン・オブ・クレーターズ・ロードがあります。1,128mの道路は、溶岩流で道が実際に塞がれた地点が終点です。

ボルケーノ・ハウス
ハレマウマウ火口を望むボルケーノ・ハウスは、まだ藁葺き屋根の小屋だった1846年に開業して以来、今もなお営業を続けています。あのマーク・トウェインもハワイ訪問の際にここに宿泊しました。ホテルは2013年に改築され、新しい経営陣で再オープンしています。

訪れる際にはしっかり準備を整えてください。公園内には売店がないため、食料と水を持参し、適切な服装を用意してください。靴、長ズボン、ジャケットは必須です。双眼鏡と夜用の懐中電灯、カメラを忘れずに。

安全のため指定されたコースに従って進み、警告の掲示に従い、立入禁止区域には入らないでください。エリアには、有害な火山ガスと不安定な地面で危険な箇所があります。

時間に余裕のある旅をしてください。火山公園を思いっきり体験するなら、近くのボルケーノ・ビレッジにあるボルケーノ・ハウスか、車で45分のヒロでの滞在がおすすめです。コナからは車で片道約3時間かかります。


http://hvo.wr.usgs.gov/ -キラウエア最新噴火情報、毎日更新:(808)967-7328
http://hvo.wr.usgs.gov/cams/KIcam/ - ハレマウマウ火口のライブ映像
http://www.hawaiicounty.gov/active-alerts/ ハワイ郡防衛局最新情報(808)935-0031