Print This PageDouble Lines

最近表示した項目::

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園、ハワイ島 プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園、ハワイ島
Double Lines

もっと調べる:

Double Lines

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園 border

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園、ハワイ島

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園、ハワイ島

  • Name:プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園
     
  • WHAT: 国立歴史公園、逃れの地、王家の土地
     
  • WHERE:ケアラケクア湾南
     
  • MORE INFO:www.nps.gov/puho

コナ南部のホナウナウ湾にあるプウホヌア・オ・ホナウナウ国立公園。ハワイの文化を深く感じられる場所です。この約73万m2の国立歴史公園は、かつては王家の土地で、カプ(タブー)を破った人が逃げてくる「逃れの地」でもありました。

カプ(タブー)はハワイ文化で最重要視された掟で、カプを破ることは死を意味しました。カプを破った者が唯一生き残るチャンスは、追っ手を振り切って、神聖な逃れの地、プウホヌアにたどり着くことです。ここまで逃げ切れれば、赦免の儀式を受けて社会に復帰できます。

数百年前の歴史の中で美しく復元されたプウホヌア・オ・ホナウナウ。ハワイで最も神聖な史跡です。公園で地図を見ながら散策して、高さ3m、幅5mのグレート・ウォールなどを見てみましょう。フィアース・キイ(木製神像)が23人のアリイ(酋長)の遺骨を納めた神殿ハレ・オ・ケアヴェ・ヘイアウを守っています。黒い溶岩石が険しい海岸線。カプを破った者は海からは近づけませんでした。

プウホヌアを越えた先の王家の地は、アリイが暮らした神聖な場所です。王族専用のカヌー船着場、ケオネエレ湾。コナの酋長ケオウアお気に入りの休憩スポット、ケオウア・ストーン。ハラウ(わら葺きの作業場)、養魚池、公園で最古のヘイアウ(神殿)。夕暮れが美しい聖地で、ハワイ創成期の文化に触れましょう。