ハワイでホエール・ウォッチング
ハワイでホエール・ウォッチング border

ハワイでホエール・ウォッチング

ザトウクジラとは
コホラ(ザトウクジラ)は大人のオスで体長約 12 ~16メートル、体重最高 45 トンと、ヒゲクジラ種の中でも大きな部類に入ります。その大きさにも関わらず大変身軽で優美な動きを見せます。海を眺めていると、ザトウクジラが海面から自分の身体の半分ほどもある高さまで飛び上がり、大きなしぶきをあげて再びすぐ近くに潜る姿を目にするかもしれません。クジラが歌うのを耳にしたことがあるとすれば、それはオスのザトウクジラです。水中で最高19km離れたところまで聞こえるということです。

ハワイにクジラが来るのはなぜ?
全世界から観光客がハワイの穏やかな気候を求めて訪れるように、ザトウクジラもハワイの島々を取り巻く暖かい浅瀬(水深約180m未満)に集まって来ます。研究者は、北太平洋に生息するザトウクジラの 3分の 2 が、ハワイに戻ってきて繁殖し、子を産んで育てると推測しています。アラスカ湾からハワイまで、2 ヵ月弱で約5千キロもの距離を回遊し、この地で長い休暇を過ごします。12月から 5月にはたくさんのクジラが集まり、島も見物客で大いに賑わいます。

ハワイでは、コホラの再来は訪問ではなく里帰りだと考えられています。ザトウクジラの子供はハワイの海で生まれるので、カマアイナ(地元民)とし考えられています。ハワイ先住民の間では、コホラはアウマクア(先祖の霊、守護神)だと信じる風潮もあり、ザトウクジラには最高の敬意が払われています。

クジラを見るには
ハワイのどの島からでも見ることはできますが、マウイ島西部ラハイナカアナパリ)、ラナイ島モロカイ島の間の浅瀬のアウアウ海峡は、ザトウクジラを見るには世界最高のスポットの一つです。クジラを近くで見るなら、ホエール・ウォッチングのツアーがお勧めです。コホラと観光客の安全を守るため、ボートはクジラの約 90m 以内に近づくことはできませんが、45 トンの巨大なクジラが海面から飛び出すと、あまりに近く感じられてびっくりすることでしょう。ボートツアーでなくても、ザトウクジラの印象的なアクロバットのような動きは、遠くからでも見られることがよくあります。陸上からでも、いつザトウクジラの潮吹き(約 3~6mの高さになることもある)が見られるか分からないので、双眼鏡を持ち歩きましょう。

ザトウクジラは保護動物ですか?
かつては数多かったザトウクジラも、長年に渡る捕鯨のせいで、その数は減ってしまいました。現在では、絶滅危惧種法ほかの法律により、鯨を獲ったり、傷つけたり、脅かすことは禁止されています。1992年に、罠から救助するための取組みを含め、教育やアウトリーチ、研究、資源管理活動を通じてハワイにおけるザトウクジラとその生息地を保護するため、ハワイ諸島ザトウクジラ国立海洋保護区が設立されました。この保護区は、海岸線から、本島周囲の水深約 180m のところまで広がっています。ハワイ諸島ザトウクジラ国立海洋保護区(NMS)は、アメリカ海洋大気庁(NOAA) とハワイ州が共同で管理しています。このセクションの内容の大半は、ザトウクジラ国立海洋保護区によるものです。もっと知るには、ここをクリック

ハワイのクジラについてもっと調べるには、下のリンクをクリックしてください。

> クジラの生態と行動パターン
> ハワイ文化におけるクジラの重要性

-->