Print This Page Double Lines

最近表示した項目:

ハワイの海の世界 ハワイの海の世界
Double Lines

ハワイの海洋生物 border

ハワイの海の世界

ハワイの海の中は別世界。ベテランのスキューバ・ダイバーにもシュノーケリング初心者にも、たくさんの体験が待っています。
 

ケエ・ビーチ、カウアイ島
カウアイ島北部の道路の終点にある景色のよい人気のビーチ。夏は海が静かで、サンゴ礁などが見られるシュノーケリングは最高ですが、冬の海は荒れて危険です。上級スキューバ・ダイバーならダイビング・スポットとしてもお勧めです。

ビーチの西端には、ナパリ・コーストへつながる人気のカララウ・ハイキング・トレイルがあります。東側のマクア・ビーチ(トンネルズ・ビーチ)はケエよりも人が少なく、ここでも夏に最高のシュノーケリングが楽しめます。

ハナウマ湾オアフ島

オアフ島の東南端にあるハナウマ湾は、島で1番人気のシュノーケリング・スポット。透明な海ではサンゴ礁や色鮮やかな魚がたくさん見られるので、ファミリーで遊ぶのにぴったり。ハワイ最初の海洋保護区でもあり、環境への影響を最低限に抑え、壊れやすい生態系を守るようご協力ください。休園日は火曜日です。

フロポエ湾 ラナイ島
きれいな黄金の砂が広がるラナイ島最南端にあるフロポエ湾は、落ち着いた穴場のビーチで、全米ベスト・ビーチに選ばれたこともあります。湾内は最高のシュノーケリング・スポットとして知られ、東にはラナイ島のシンボルプウ・ペヘ(スイートハート・ロック)があります。

ビーチはフォーシーズンズ・リゾート・ラナイ・アット・マネレ・ベイの一部ですが、フロポエ・ビーチ・パークは一般にも開放されています。湾内の潮だまり付近にはピクニック・ベンチもあり、地元の人もここで楽しんでいます。

モロキニ島 マウイ島
モロキニはマウイ南部の海岸沖にある三日月型の小さな島です。鮮やかなサンゴ礁が広がり、シュノーケリングやダイビングに最高のスポットです。モロキニ島沖には海洋生物がたくさん生息していて、州立海洋生物鳥類保護区域に指定されています。近くのマアラエア港、キヘイラハイナからボートツアーが催行されています。

ケアラケクア湾、ビッグ・アイランド(ハワイ島)
コナカイルア・コナの南40分にある歴史深い湾は、シュノーケリングやスキューバダイビングに注目のスポットです。崖に囲まれた海は静かで、海の生物がたくさんいます。1778年にハワイ諸島を発見した英国の探検家、キャプテン・クックを追悼した記念碑があり、カヤックやボートで行けばシュノーケリング・スポットがもっと広がります。

ホナウナウ湾(ツー・ステップ)、ビッグ・アイランド(ハワイ島)
ビッグ・アイランド(ハワイ島)南西部の海はマウナロア山に囲まれているため、透明度が高く静かです。火山岩が2段に分かれていて、シュノーケリングやダイビングのエントリー・ポイントとして絶好の形をしているため「ツー・ステップ」と呼ばれています。ホナウナウの温かい海では、たくさんの魚やホヌ(ハワイアオウミガメ)が見られます。

ホナウナウ湾はプウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園の近くです。カプ(タブー)を破った者が逃げてくる「逃れの地」だった広大な歴史公園では、ハワイの文化に触れられます。